「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)

3.46
  • (37)
  • (113)
  • (121)
  • (33)
  • (6)
本棚登録 : 931
レビュー : 121
著者 :
みほこさん 2014   読み終わった 

頭の中で反芻し、言葉で動きを四肢に指令を出す。新しい動きについては慣れてくるまでそうしないと動けない、そんな私には笑えるようで、笑えない、彼らの思い悩みがとても身近に感じました。
野球って、怖くて当たり前、ということも今更ながら妙に納得。あまりにも上手い人たちばかり見ているから、誰でもある程度のことは出来て当たり前と思い込んでいたんだということに気付きました。
結局、スポーツは、運動と違って競技なのだから勝ち負けがついて回り、勝つためにはどうするかを考える。そのために、作戦を立て、作戦が立てられるように練習する。その練習を効率よく、かつ、個性を活かすことを考える。それでもチームとして戦う競技を成り立たせる面白さを読ませてもらえました。

レビュー投稿日
2014年12月24日
読了日
2014年12月24日
本棚登録日
2014年12月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「弱くても勝てます」: 開成高校野球部の...』のレビューをもっとみる

『「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする