農場の少年 (講談社青い鳥文庫(53-5)―大草原の小さな家シリーズ 5)

  • 講談社 (1985年5月16日発売)
3.60
  • (4)
  • (5)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 88
感想 : 6
4

この「農場の少年」を読むと、あの「長い冬」での成熟したアルマンゾの行動や、あの「はじめの四年間」での農業にかける思い入れの深さは、一朝一夕で培われたものではなく、彼の少年時代からの興味、時間の過ごし方の延長線上にあるものだったんだなぁ・・・・としみじみ思いました。  そして、ひょっとしたらこのアルマンゾの生き方自体が、ほんの100年ぐらい前までの国を問わない人間の生き方の最大公約数だったのかもしれません。

(全文はブログにて)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 講談社青い鳥文庫
感想投稿日 : 2010年3月15日
読了日 : 2010年3月15日
本棚登録日 : 2010年3月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする