辺境・近境 (新潮文庫)

3.54
  • (107)
  • (242)
  • (404)
  • (25)
  • (5)
本棚登録 : 2088
レビュー : 158
著者 :
フラビオさん ノンフィクション   読み終わった 

2012年10月21日読了。村上春樹のエッセイ集、アメリカの別荘地・日本の無人島やディープな讃岐うどんスポット、メキシコやノモンハン(モンゴル)、アメリカ横断などの旅の記録。「取材旅行」に属するものもあるが、「思い立ってふと行ってみた」雰囲気の記録が多い。旅とは何か?計画通りに粛々と進めるのが旅なのか、トラブルに遭って慌てるのが旅なのか、体力があるうちにバリバリ貧乏旅行をすべきなのか、一瞬その場所に立ち寄るだけで現地人のことを分かった気になってよいものなのか・・・旅に関しては「こうだ」とハッキリ言い切れるものではないな。(何でもそうだけど)旅に出る自分の状態や経験によっても旅から受ける印象は大きく変わるが、それも含めて物事を決め付けない村上氏のスタイルはとても好ましく感じる。ともあれ、行けるうちに旅には行っておいた方がいいやな。

レビュー投稿日
2012年10月22日
読了日
2012年10月21日
本棚登録日
2012年10月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『辺境・近境 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『辺境・近境 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『辺境・近境 (新潮文庫)』にフラビオさんがつけたタグ

ツイートする