Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)

3.37
  • (69)
  • (247)
  • (346)
  • (72)
  • (18)
本棚登録 : 2088
レビュー : 309
著者 :
フラビオさん ノンフィクション   読み終わった 

2012年12月12日読了。「tsudaる」で有名な著者による、Twitterが爆発的に普及する過程の分析とその特性、活用の仕方などの解説。「140文字」という明確な制約と、ハッシュタグやリプライ・ダイレクトメッセージなどのいくつかのルール以外は自由、というある意味いい加減でゆるいプラットフォームが社会を動かす存在にまでなったことは、結局面白いのは「人」・人の思考の中身であり、タイトルを付け分類してお化粧をした「商品」としての情報ではなかった、ということなのか。勝間和代との対談も面白い。なりすましやデマの拡散、情報被害の防止の難しさなどはTwitterに非があるのではなくネットそのものの特性の問題、ひいては現実社会にその原点があるということだよな。「tsudaる」、自分でも何かのイベントで実践してみたいものだ。

レビュー投稿日
2012年12月12日
読了日
2012年12月12日
本棚登録日
2012年12月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Twitter社会論 ~新たなリアルタイ...』のレビューをもっとみる

『Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする