電子ゲームの「快楽」 (COMPUTOLOGY BOOKS)

3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 1
フラビオさん ノンフィクション   読み終わった 

11月9日読了。ファミコンブームの最中1987年に刊行された本。「ゼビウス」「ドルアーガ」のゲームデザイナー・遠藤雅伸とグループSNEの総帥・安田均、「ポケットの中の野生」などの中沢新一と私は知らなかった竹田青嗣の2組の対談を収録。後者は学者の対談らしく「ゲームのエロス」という方向に話が飛んでいってしまっているが、前者の対談がいずれもクリエイトしプレイするプロであるだけに大変興味深い。「3D」「人間的な人格を持つコンピューターとの対戦」「現実をトレースするゲーム」「見知らぬ相手との共同世界・対戦」などここで語られているコンピューターゲーム世界は、20年以上のときを経てようやく今実現している、と言えるか・・・。

レビュー投稿日
2010年11月10日
読了日
2010年11月10日
本棚登録日
2010年11月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『電子ゲームの「快楽」 (COMPUTOL...』のレビューをもっとみる

『電子ゲームの「快楽」 (COMPUTOLOGY BOOKS)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『電子ゲームの「快楽」 (COMPUTOLOGY BOOKS)』にフラビオさんがつけたタグ

安田均の作品一覧

安田均の作品ランキング・新刊情報

ツイートする