ドッグ・ウォッチング―イヌ好きのための動物行動学

  • 平凡社 (1987年6月1日発売)
3.17
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 3
3

☆☆☆ LLD団員、だるまさんのおすすめ ☆☆☆
 いたずらを叱る前に、ケンカだ!と オロオロする前に、彼らには彼らの理由があるんだよね・・・ということがちょっぴり理解できる本でした。
 個人的に目からウロコだったのは、「イヌはなぜ吠えるのか」「一日何回エサをたべるか」「交尾結合」でした。他にも「仔犬は何故スリッパをかむのか?」なんてのにもちゃんと意味があるんですね。なるほど。
 そして "はじめに" を読んで、「おまえと私は契約を結んで共存しているクールな関係なのだよ。だから動物実験に売りとばしたりしないからねー、繁殖の難しさもちょっとは理解したからねぇー。そのかわり、呼んだら来てねぇー」とお互い合意したはずですが、呼んでも来てくれないことがあります。近々再契約を結びます。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 行動・心理学
感想投稿日 : 2006年6月27日
本棚登録日 : 2006年6月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする