ビリー・ミリガンと23の棺〈下〉 (ダニエル・キイス文庫)

3.38
  • (25)
  • (43)
  • (132)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 436
レビュー : 26
制作 : Daniel Keyes  堀内 静子 
亜綺羅さん 心理学 / 精神医学   読み終わった 

ビリーの刑務所での体験――
キイス氏との交流が、非常に危険かつ困難を極めた。刑務所における、人権問題も浮き彫りにする。
統一された人格“教師”の存在も危機的状況に陥る。彼の内面世界に現れた23の棺。
それは人格の統一への一歩か、死へ向かうものなのか――
自身の故郷へキイス氏と訪れるビリー。彼の行動は、心の叫びそのものでした。

レビュー投稿日
2008年11月6日
読了日
2008年11月6日
本棚登録日
2008年11月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビリー・ミリガンと23の棺〈下〉 (ダニ...』のレビューをもっとみる

『ビリー・ミリガンと23の棺〈下〉 (ダニエル・キイス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする