女性ホルモンを整えて幸せになる! ぽかぽか子宮のつくり方

3.28
  • (3)
  • (7)
  • (15)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 110
レビュー : 14
制作 : 池川 明 
亜綺羅さん 医学 / 薬学   読み終わった 

借りたもの。
子宮の話は女性の「ありのまま」を取り戻す、再確認する本でもあると思う。

東洋医学をベースにした、ホリスティックな本。
医学的な話だけでなく、身体を動かしたり心を瘉したり、日常のちょっとした事がリラックスに繋がり、大切であることを再認識。
瞑想、チャクラヒーリング、カラーセラピーなど。

子宮が自律神経と関係があり、感情の臓器であるというのは、本当だと納得する。
「女は子宮で考える」これは軽蔑的な意味で使うのはきっとお門違いなのだろう。
愛は感情なのだから、それを否定してしまって本当に良いのか?と自問する。(反語)

「オキシトシン」というホルモンが“愛と絆のホルモン”であるとは知らなかった。
経血の状態から、体調とその改善策について書かれた表は重宝しそうだ。

忘れがちになってしまっていた、子宮の事。
現代社会――もしかしたら現状の制度のまま共働きが定着してしまうと、女性は男性的に生きることを強いられ、社会が宜しくない方向に進んでしまうのではないだろうか。

レビュー投稿日
2015年7月15日
読了日
2015年7月15日
本棚登録日
2015年7月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『女性ホルモンを整えて幸せになる! ぽか...』のレビューをもっとみる

『女性ホルモンを整えて幸せになる! ぽかぽか子宮のつくり方』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『女性ホルモンを整えて幸せになる! ぽかぽか子宮のつくり方』に亜綺羅さんがつけたタグ

ツイートする