キレる私をやめたい ~夫をグーで殴る妻をやめるまで~ (バンブーエッセイセレクション)

4.05
  • (31)
  • (35)
  • (14)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 312
レビュー : 42
著者 :
亜綺羅さん 心理学 / 精神医学   読み終わった 

『母がしんどい』( http://booklog.jp/item/1/404602884X )でも描かれていた負の連鎖――母親と同じヒステリーを起こしてしまうことに問題を感じた著者が、いかにしてそれを克服した(感情の制御ができるようになってきた)かを、丁寧に描いている。
自己啓発の「片付け」本からセミナー、カウンセリングなどを調べ、体験していくが、なかなか改善されない。
そして「ゲシュタルト療法」に触れる。
そこでは自身をいかにして客観視し、分析することを経て、感情をコントロールしていく術を身に着けていったか――
わかりやすく描かれている。

自身の怒り方がかつての母に似ていること、ゲシュタルト療法を用いて、その母の気持ちを共感できるようになること、劣等感から旦那さんを高みに押し上げることで、お互いの悪い面を見ないように(対等な人間としてのコミュニケーションを避ける)していたなど、詳しい。

著者はイライラするのは「過去の失敗」と「未来への不安」に囚われ、「今」を見ていないことにあることに気づく。
旦那さんのネガティブな部分を見て、自身のそれや過去の母を見出してしまい、過剰反応(怒り)することでそれから目をそらしていたという事実に気づく。

「暴力がいけない」のは、怒りはあくまで「二次感情」であり、暴力は「報復」に過ぎない(問題の本質ではない)からという事も、著者は気づき、読んでいて私も気づかされる。

レビュー投稿日
2016年8月4日
読了日
2016年8月4日
本棚登録日
2016年8月3日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『キレる私をやめたい ~夫をグーで殴る妻を...』のレビューをもっとみる

『キレる私をやめたい ~夫をグーで殴る妻をやめるまで~ (バンブーエッセイセレクション)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする