模倣犯(四) (新潮文庫)

3.83
  • (514)
  • (659)
  • (735)
  • (36)
  • (10)
本棚登録 : 5081
レビュー : 271
著者 :
E.Moguraさん  未設定  読み終わった 

巻き添えをくって犯人にされてしまった青年の無罪を晴らしようのないもどかしさ。観客はすべてわかっているんだけれども、登場人物がすれ違いばかりで、観客の期待に応えてくれないという、昔のメロドラマのノリでした。<BR>
真犯人の狂気も人間離れしていますが、警察の情報操作なり、マスコミの影響で、ほとんど誰もが無実の可能性に目をつむってしまうところに、本当の恐ろしさを感じました。<BR>
2006/1/11

レビュー投稿日
2006年1月11日
読了日
2006年1月11日
本棚登録日
2006年1月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『模倣犯(四) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『模倣犯(四) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする