みだれ髪 (新潮文庫)

3.57
  • (28)
  • (33)
  • (88)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 452
レビュー : 42
著者 :
Runさん 【短歌などなど】   読み終わった 

恥ずかしながら言葉がよく分からず、現代語訳&解説でなんとか読み進んだというのが正直なところ。
にも関わらず、晶子の熱い気持ちは理屈を越えて伝わってきて胸を打つ。
与謝野晶子という女性は、愛情も友情も何もかも、すべての情がとても深い人だと感じる。
はしたないほどの情熱、何も隠さない強さ、恋する相手に対するまっすぐさ。
かと思えば儚く美しい光景をさりげない言葉で現す表現の美しさ、ちょっとした情景に心乱される繊細さ。
三十一文字、という文字数が多すぎず、少なすぎず、彼女の心を現すのにぴったりと嵌っている。
力強さと儚さの両方を持ち、時代も理屈も越えて読み手にまっすぐ刺さってくる歌。

レビュー投稿日
2017年7月7日
読了日
2017年1月22日
本棚登録日
2015年1月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『みだれ髪 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『みだれ髪 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『みだれ髪 (新潮文庫)』にRunさんがつけたタグ

ツイートする