沼地のある森を抜けて

3.54
  • (134)
  • (175)
  • (357)
  • (38)
  • (10)
本棚登録 : 1284
レビュー : 213
著者 :
山やまさん 小説   読み終わった 

すごい。圧倒された。
著者の洞察力の深さと視野の広さが存分に発揮された、ここ何年かで読んだ本の中でも5本の指に入る傑作だ。ストーリーの面白さも然ることながら、結局は著者の人間力なのだと思う。繰り返しになるが、洞察力の深さと視野の広さ。ものを書く人にとってはこれが大きな資質と云えるのではないだろうか(もちろん文章力という大前提があるが)。本書を読み終えた時にぼくは、梨木香歩という人物について、或いは梨木香歩という人物が影響を受け吸収してきたものについてもっと知りたくなった。

レビュー投稿日
2008年12月15日
読了日
2008年12月15日
本棚登録日
2008年12月15日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『沼地のある森を抜けて』のレビューをもっとみる

『沼地のある森を抜けて』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする