自己分析―心身医学からみた人間形成 (講談社現代新書 166)

3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 4
著者 :
優さん 心理学   読み終わった 

心の底に鬱積した感情によって身体に影響が出る心身症の治療の話。
精神分析や自律訓練法、催眠を用いて過去の感情を改めて自覚すること、上手にリラックスして悪い条件付けから解放されることで心身症が良くなるという。
また、心だけでなく、心が変わることで体質変化も実際にあるとのこと。

レビュー投稿日
2010年5月16日
読了日
2010年5月16日
本棚登録日
2010年5月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自己分析―心身医学からみた人間形成 (講...』のレビューをもっとみる

『自己分析―心身医学からみた人間形成 (講談社現代新書 166)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする