冷たい密室と博士たち (講談社文庫)

3.40
  • (335)
  • (924)
  • (2078)
  • (149)
  • (18)
本棚登録 : 7976
レビュー : 751
著者 :
すーざんさん ミステリィ   読み終わった 

10年ぶりに読みました。
10年経つと忘れてるものだなぁ。ミステリィというジャンルは一回読めば十分、と思ってたけど。
たとえば、国枝先生はこの時結婚したのか!とか。あれ、萌絵って漫研も入ってたっけ?とか。

あと、犀川先生が若いと感じた(笑)

Gシリーズあたりから森さんの文体とストーリィの趣向が変わって違和感を感じたものだけど、今はS&Mシリーズの説明多い文に違和感感じるなぁ。でも軸はブレてないんだよ。そして、冒頭が会議嫌いな話から入っているところは、Wシリーズのハギリ博士と一緒だ(笑)

レビュー投稿日
2017年2月23日
読了日
2017年2月23日
本棚登録日
2017年2月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『冷たい密室と博士たち (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『冷たい密室と博士たち (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『冷たい密室と博士たち (講談社文庫)』にすーざんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする