パンツが見える。: 羞恥心の現代史 (新潮文庫)

3.07
  • (0)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 101
レビュー : 12
著者 :
Teddyさん ノンフィクション   読み終わった 

「京都ぎらい」の井上章一がこんなのも書いているんだと手にした一冊。
たかが布と思いながらも、気にしてしまうのはやはり見てはいけいないものゆえのチラリズムか。
マンチン分布考に続けて読んでいたので、傍から見ると、ちょっと好きものに見えていたかもしれませんね。
ちょっと、ひと昔前の書きっぷりだなと思ったら、2002年に発刊された本の文庫化だったんですね。

レビュー投稿日
2019年6月30日
読了日
2019年6月30日
本棚登録日
2019年6月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『パンツが見える。: 羞恥心の現代史 (新...』のレビューをもっとみる

『パンツが見える。: 羞恥心の現代史 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『パンツが見える。: 羞恥心の現代史 (新潮文庫)』にTeddyさんがつけたタグ

ツイートする