堕落論,白痴 (まんがで読破)

3.39
  • (9)
  • (19)
  • (39)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 221
レビュー : 21
著者 :
Teddyさん コミック   読み終わった 

まんがで読破シリーズ。坂口安吾が書いたのは堕落論と文学史で丸暗記しただけで、原著は読んだことはない。
堕落論はエッセイで、白痴は小説でともに終戦すぐに発表されたもの。その二つを組み合わせてまんがにしているんだけど、特に堕落論の部分が原著をオマージュにして現代につなげた書き方で書いているものだから、余計にわかりにくい気もする。
とりあえず、先の大戦を生き抜いた人たちがどんな思いをしていたかということを、終戦の日直前に、胸に刻んでおこうと思う。

レビュー投稿日
2017年8月14日
読了日
2017年8月14日
本棚登録日
2017年8月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『堕落論,白痴 (まんがで読破)』のレビューをもっとみる

『堕落論,白痴 (まんがで読破)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『堕落論,白痴 (まんがで読破)』にTeddyさんがつけたタグ

ツイートする