わが青春に悔いあり―狐狸庵閑話 (角川文庫 緑 245-12)

著者 :
  • KADOKAWA
3.38
  • (3)
  • (4)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 5
5

「どんなに誤解されようとも他人から見た自分はやはり自分というべきである」というような一文が好き。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 書籍
感想投稿日 : 2005年8月1日
本棚登録日 : 2005年8月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする