欲と収納 (角川文庫)

2.91
  • (5)
  • (17)
  • (68)
  • (26)
  • (6)
本棚登録 : 380
レビュー : 47
著者 :
a-featherさん エッセイ   読み終わった 

増え続けていく荷物に頭を悩ませ一念発起して処分を考え出す人も多いと思う。その多くの人と同じで、なかなか進まなかったり、かえって荷物が増えてしまったり、一部分はきちんと片付けが進んだりの日々を描くエッセイ

お母様の着物の扱いの項では、きちんとした後始末など洋服に比べて大変な事が多く(慣れている人にはそうではないのだろうが)文化として衰退するのもさもありなん、と思った。

作家さんなので本は必要なものでもあるが、本当に大変だろうなあと。個人的には古本屋に持っていけば、その本の命が長らえて誰かに喜んでもらえる可能性があるという点で「本を燃やす」という行いはもったいなく思えてしまう。

何もない暮らしに憧れても実際はなかなか難しい

レビュー投稿日
2017年3月10日
読了日
2017年3月10日
本棚登録日
2017年3月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『欲と収納 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『欲と収納 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする