彼方の友へ

4.31
  • (155)
  • (118)
  • (43)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 817
レビュー : 160
著者 :
a-featherさん 文芸   読み終わった 

現代の老人施設で一人暮らす老女のもとに、懐かしいカードゲーム、フローラルゲームを持った人が訪ねてくる

戦前、「乙女の友」という少女雑誌に憧れ、幼馴染みの印刷工場の息子にもらう没プリントを大切にノートに貼っていたハツ。

やがて憧れの主筆や画家の元で働くことができるようになり、憧れの雑誌でやがて小説も書くようになる。

戦争を乗り越えて、やがて主筆に。

長い時を経て、当時の謎が解ける。うつくしいフローラルゲームと共に

原題と過去を行き来しつつ進むストーリーは、ノスタルジックな世界観を上手に表現していてとても素敵だった

レビュー投稿日
2018年7月19日
読了日
2018年7月19日
本棚登録日
2018年7月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『彼方の友へ』のレビューをもっとみる

『彼方の友へ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする