ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)

3.82
  • (21)
  • (19)
  • (24)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 220
レビュー : 35
土鳩さん 森見登美彦   読み終わった 

謎の美(少)女、佐伯さんを中心とした
奈良を舞台に繰り広げられるファンタジーっぽい4編。

甘樫丘は知っているがランボーを見ておらず、
奈良漬と南都銀行は知っているが千夜一夜物語を読んでいない自分としてはおそらく面白みが半減。

4作目がタイトルと同名の作品が作中で完成する
入れ子構造のお話だったので、
恩田陸の「三月は深き紅の淵を」を思い出した。

森見登美彦の作品より
登場人物が屑ではなく、
良くも悪くもマイルドな感じがする。

前野ひろみちの正体は、
森見登美彦本人の可能性8割、
森見登美彦の中高時代の友人の可能性2割と予想。

レビュー投稿日
2016年12月16日
読了日
2016年12月16日
本棚登録日
2016年12月16日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ランボー怒りの改新 (星海社FICTIO...』のレビューをもっとみる

『ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)』に土鳩さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする