月のしずく (文春文庫)

3.45
  • (75)
  • (197)
  • (378)
  • (27)
  • (5)
本棚登録 : 1504
レビュー : 191
著者 :
土鳩さん 浅田次郎   読み終わった 

一筋縄でいかない恋愛短編集。
月のしずく:不器用な仕事人の主人公が報われる話は、読んでてうれしいし、この作者に書かせると上手い。
聖夜の肖像:チャコさんはしあわせな女だと思うし、周りの人が素晴らしい。
銀色の雨:恋した女性を追ったばかりに、別の世界に踏み込みかけたカタギの少年の話。
瑠璃想:中国に故郷を持ち、過去に家族をそこに置いてきた社長の話。
花や今宵:出てくる男女が意地っ張り。最後数行のスピード感が笑える。
ふくちゃんのジャックナイフ:最後の映画のワンシーンのような描写のために、書かれたような話。
ピエタ:大人の女とその母の話。「聖夜の肖像」「瑠璃想」とこの話は過去と折り合いをつける話。

レビュー投稿日
2017年11月4日
読了日
2017年10月28日
本棚登録日
2017年11月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『月のしずく (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『月のしずく (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『月のしずく (文春文庫)』に土鳩さんがつけたタグ

ツイートする