痴人の愛 (新潮文庫)

3.63
  • (539)
  • (696)
  • (1225)
  • (96)
  • (23)
本棚登録 : 6157
レビュー : 788
著者 :
a0061878さん 小説   読み終わった 

全集で「痴人の愛」のみ読んだ。28の譲治は、15の少女ナオミに一目惚れし、引き取って自分好みの女性に育てようとするが、いつのまにかナオミに翻弄されていく。はじめは譲治に対してそれはあかんやろ、と思っていたが、途中からはナオミに対してもおいおい、という気持ちで、もうどう読み進めればいいのか。なんやかんやでお似合いの二人。瀬戸内寂聴曰く、ナオミのモデルになったせい子は、宮崎が毎月お金を送ってきていたことに対し「十五の時の私をやっちゃったのよ。犯罪でしょ。いくらむしり取っても大丈夫」と言っていたそう。

レビュー投稿日
2018年1月7日
読了日
2018年1月7日
本棚登録日
2018年1月7日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『痴人の愛 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『痴人の愛 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする