九十九十九 (講談社文庫)

3.23
  • (50)
  • (76)
  • (163)
  • (57)
  • (17)
本棚登録 : 861
レビュー : 111
著者 :
a1b2さん 小説   読み終わった 

9月9日購入。9月14日読了。
全7話構成であるが、それは「聖書」の「黙示録」「創世記」における「7つの封印」に基づく構成のされ方である。さらに第7話→第6話→第5話・・・第1話という作中作構造になっている。作中で、それは、前回の話が<清涼院流水>の小説として存在するという形で表現される。読み終えてみて、正直著者舞城氏の意図するものを正確に理解できたかというと、ノーである。しかしまあ彼が一番重視しているのはおそらくこの「メタ探偵」という装置を使っての従来の小説の構造の破壊、再構築という部分であろうから、このいわゆる舞城ワールドを体感できたというだけで僕は満足であった。相変わらずトリッキーな舞城氏であるが、その氏もどうやら清涼院流水作品に影響を受けているらしい。「コズミック」「ジョーカー」あたり、読んでみたい。

レビュー投稿日
2008年1月30日
読了日
-
本棚登録日
2008年1月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『九十九十九 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『九十九十九 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする