戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話 (講談社現代新書)

3.86
  • (9)
  • (10)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 141
レビュー : 16
小さな春さん  未設定  読み終わった 

慰安婦は性的暴行を受けて性奴隷のように扱われたこと。これは人道に対する罪であるということ。
安倍政権が強制性云々というよくわからない論理で煙に巻いて日本は国際社会から非難される。
日本は本当の意味で反省していないのではないかと思われている。これが東アジアの国際関係が悪化している要因の一つだろう。
過ちを二度と繰り返さないために真実の歴史と向き合う。それが日本人に求められていることのように感じた。

レビュー投稿日
2020年2月3日
読了日
2020年2月3日
本棚登録日
2020年2月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生...』のレビューをもっとみる

『戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話 (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする