人魚 (シリーズ紙礫)

4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 2
制作 : 長井那智子 
ブル本さん アンソロジー本   読み終わった 

人魚はみどり色と表現されるんだ
はじめて知った
古語文書は苦手(汗) でも面白かった
解説を読んで理解が深まった

小川未明の「赤いろうそく」は絵本でしか読んだことがなかったので、こんなお話しだったんだと思った。読めてよかった。
阿部公房の「人魚伝」はホラー、でも面白い

人魚を主題にした八編
恋愛小説、童話、探偵小説、古典題材、前衛小説、海外の作品など

北の海 中原中也
(北)赤いろうそくと人魚 小川未明
(南)漁師とかれの魂 オスカー・ワイルド 訳 長井那智子
(南)人魚物語 アンデルセン 意訳 高須梅渓 ※前半のみ
初訳
(南)人魚の嘆き 谷崎潤一郎
(南)怪船「人魚号」 高橋鐵
憑依妄想の外科医の物語、探偵小説
(北)カッパのクー アイルランド民話 訳 片山廣子
男人魚
(北)人魚の海 新釈諸国噺 太宰治
人魚伝 阿部公房

(南) 南の海 (北) 北の海

レビュー投稿日
2020年1月12日
読了日
2020年1月18日
本棚登録日
2017年11月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人魚 (シリーズ紙礫)』のレビューをもっとみる

ツイートする