姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)

3.78
  • (719)
  • (551)
  • (1172)
  • (25)
  • (13)
本棚登録 : 4224
レビュー : 610
著者 :
aaaaminoさん  未設定  読み終わった 

メジャーどころをという事で。
この人のは、厚いから敬遠してきたが、
遂に読んでみた。

京極堂シリーズ一作目。
舞台は終戦直後の日本。
密室殺人はミステリー。
呪いは陰陽道。
憑物筋は怪談。

よくもまぁこれだけの話を組み込んで
作ったなと。感心。
量子力学とか出てくるし。

自由・平等・民主主義の仮面を被った陰湿な差別主義

いつ何が起ころうと当たり前だし、何も起こらなくても当たり前だ。なるようになっているだけだ。この世に不思議なことなど何もないのだ

レビュー投稿日
2013年3月9日
読了日
2006年7月17日
本棚登録日
2013年3月9日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)』のレビューをもっとみる

『姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)』にaaaaminoさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする