模倣犯 (下)

3.82
  • (829)
  • (690)
  • (1142)
  • (60)
  • (22)
本棚登録 : 5160
レビュー : 483
著者 :
aamooさん 小説   読み終わった 

長かった。カズが不憫でならず、この下巻半ばまで気が重くて読み進められなかった。途中で何度も、カズの無実がきちんと明かされるのか、先のページをめくったりした。

読み終えてから、あれはどうなったのかとか、回収されてないんじゃないのかと思い返したりしたが、別にきちんと回収されるべきものではなくて・・・くらいのものだったのか、と勝手に納得する。何しろ長かったから。(あの携帯電話は無事に警察に渡ったのかとか、電話相談所の流れとか。)網川が犯人だときちんと落ちれば良かったのかなぁとか。拾ってないよりも、自分が知りたいだけなんだけど。

ガミさんがなんか、さして重要キャラな感じじゃなかったのが気になった。(「R.P.G」を読んだことがあるもんで)有馬義男が良い味。そういえばヒロミが「学生のときに殺した」、ピースが「おまじないみたいなもの」と言ってたのは一体なんだったっけ。図書館で読んでた本の複線の回収ってどっかで書いてたっけ。

映画は中居だったようだが、作り直すなら私的には戸次重幸がいいなぁなんて。

レビュー投稿日
2013年10月27日
読了日
2013年10月27日
本棚登録日
2013年10月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『模倣犯 (下)』のレビューをもっとみる

『模倣犯 (下)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『模倣犯 (下)』にaamooさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする