堕落論

3.60
  • (24)
  • (41)
  • (56)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 503
レビュー : 51
著者 :
abba-rainbowさん 坂口安吾   読み終わった 

1946年4月1日発行の「新潮」4月号に掲載された坂口の随筆。

「堕落」のススメである。ただし、「堕落」と言う言葉の意味のとらえ方が重要だ。

「堕落」とは規律とか規範から外れ、堕ちていき、人として人生の価値観を見失った状態をいうとすれば、著者がここでいう「堕落」は、むしろ逆の意味かもしれない。

著者は、「これまでの規律や規範から外れ、人間らしさを取り戻せ」と言っているように思う。

執筆されたのは、まさに終戦直後の混沌とした中で、敗戦という出来事で、従来の規律とか規範が正しいとは限らなくなってきた。価値観が変化してきたのだ。

若者は国のために潔く散っていくことが正義であった。
しかし敗戦後、若者は闇屋になった。

女は戦争未亡人となった後も亡き夫に生涯を捧げることが正義であった。敗戦後も、戦争未亡人の恋愛についての執筆が禁じられた。

従来の規律や規範から外れることは、真の意味で「堕落」なのか?大きく価値観が転換するなかにおいて、従来の規律や規範を維持することが、真の意味で「堕落」を防ぐことなのか?

著者は敗戦後、むしろその規律を守らなくなったことで、やっと本来の人間に戻ることができたのだと述べる。

「日本は負け、そして武士道は亡びたが、堕落という真実の母胎によって始めて人間が誕生したのだ。生きよ堕ちよ。その正当な手順の外に、真に人間を救える便利な近道が有りうるだろうか。」という言葉が的確にそのことを言い表している。

「武士道」とは、人間の弱さを隠すためのものだといい、「天皇」の存在は、政治的な権力を誇示するための手段だというようなことを述べていた。むしろ、これまでの規律・規範こそが、人間本来の姿を虚飾していたものだったと述べているようである。著者は、おそらく戦前からそのようなことに気づいていたのだろうと思う。

「戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。」

「堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わねばならない。政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物である」

人びとが夢うつつから目覚め、本当の人間性を取り戻すための、「堕落」のススメだ。

レビュー投稿日
2019年7月26日
読了日
2019年7月25日
本棚登録日
2019年7月6日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『堕落論』のレビューをもっとみる

『堕落論』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする