女が読む太宰治 (ちくまプリマー新書)

3.00
  • (1)
  • (11)
  • (25)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 171
レビュー : 34
あこさん ┗アンソロジー   読み終わった 

読書好きを公言しているものの、まだ太宰治の作品はしっかりと読んだことのない私。
いつかは読みたいなと思っているのだけど、まだ読んでいない理由としては、あまりに有名すぎるのと、多くある作品のどれから読んだらいいか分からないから。
なので、ガイドブックのようなこの本を読んでみました。
そしてこの本が道標になってくれたのかというと…よく分かりません(笑)

太宰治という人の作品を、それぞれの著者が自分のフィルター越しに感じ、それをまた別の作品に作り上げているのですから、当たり前と言えば当たり前なのですが。

ただ、太宰治作品にさらに興味が湧いたことは間違いありません。
この本に載っている作品を読んで、またこの本を読んだらきっと印象が変わるんだと思います。いつかの再読を楽しみにしたい1冊。

レビュー投稿日
2012年5月7日
読了日
2012年4月20日
本棚登録日
2012年4月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『女が読む太宰治 (ちくまプリマー新書)』のレビューをもっとみる

『女が読む太宰治 (ちくまプリマー新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする