駆ける少年 (文春文庫)

3.37
  • (5)
  • (23)
  • (35)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 181
レビュー : 17
著者 :
acitsさん 何度よんだかわからない   読み終わった 

薄い本のなかに、三編。
高速道路の下の、都会の谷間に佇む飲み屋のカウンター
会社を立ち上げがむしゃらに働きながら、追う父の姿
女遊びのやまない父をもった息子がみた、父の恋人の痩せた背中

鷺沢萠の若い頃の本を読むといつもおもう。

どうして、18だか19だかの
少女と呼ぶのがふさわしいころに
こんな小説がかけたんだろう。
ひとの、人生のつらいことやかなしいことを全て知って
知ったうえで、肩ひじはるのをすこし、やめたような
そんなおとなの話がどうしてかけたんだろう。

足下のコンクリートにも、きちんと色があるのだってこと
思い出させてくれるような
灰色も一色ではないのだと教えてくれるような

そんな、鮮やかな本。

レビュー投稿日
2010年3月15日
読了日
2010年3月15日
本棚登録日
2010年3月15日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『駆ける少年 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『駆ける少年 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする