ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか (角川文庫)

4.10
  • (15)
  • (18)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 172
レビュー : 16
kj_itoさん 科学   読み終わった 

遺伝子の99%を共有するヒトとチンパンジー。その大きな違いは「共感性」にあるという。チンパンジーも「道具を渡す」という利他的な行動をすることはできるが、「貸してくれた御礼をする」とか「前に助けて貰ったからお返しをする」ということはできないらしい。人間が進化の過程で獲得した特性は「助け合うことができる」「分かち合うことができる」ということなのだ。
しかしその一方で、人間ほど同種間で殺し合うものもいない。その矛盾を解き明かしていく試みは興味深い。

人間を闘争的にするテストステロンと、信頼し、共感することを促進するオキシトシンという、相反するふたつのホルモンが、我々の中では分泌されている。その働き如何で人間は殺し合ったり愛し合ったりの間を揺れ動きながら、現在まで何万年も生きてきた。

その矛盾した存在である私たちがこの先も生存できるかどうかは、そのバランスをいかに均衡させるかという心の持ちようなのかもしれません。

レビュー投稿日
2015年4月8日
読了日
2015年4月3日
本棚登録日
2015年4月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか ...』のレビューをもっとみる

『ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか (角川文庫)』にkj_itoさんがつけたタグ

ツイートする