半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)

4.10
  • (111)
  • (107)
  • (66)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 997
レビュー : 101
著者 :
制作 : 竹岡 美穂 
adams4869さん  未設定  読み終わった 

文学少女完結のお話。
遠子が編集者として登場し主人公を振り回す。
素晴らしかったのは心葉の存在を匂わせておきながら最後まで登場させなかったこと。
主人公と出会ったらどうなるのだろう。遠子とのやり取りを見て主人公はどう思うのだろう。
と、想像が膨らむ所だが、旧主人公は出さない方が話が上手く纏まるのでこの展開で正解だと思う。
最後数ページで菜乃を登場させたのはドキっとした。こういうのは嬉しくなる。

レビュー投稿日
2013年11月27日
読了日
2013年11月22日
本棚登録日
2013年11月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ...』のレビューをもっとみる

『半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする