武士道シックスティーン (文春文庫)

4.09
  • (755)
  • (907)
  • (412)
  • (65)
  • (10)
本棚登録 : 5434
レビュー : 728
著者 :
ikedazuさん  未設定  読み終わった 

攻撃的な戦い方と、日本舞踊仕立ての柔和な戦い方をする剣道女子の青春小説
誉田哲也と聞いたらストロベリーナイトやジウなど警察小説のイメージが強いけど
スポ根やってます。

対極にあるふたり、磯山のキャラクターが武士っていうよりも、中二病感あって最初はやや引いてました。
だんだん読むうちにタイトルの意味が理解できるようになってきて
二人が成長して支え合う姿は、良いです。

キャラクター構成に、ほんのりと漂う
ジウ臭

レビュー投稿日
2018年7月11日
読了日
2018年7月11日
本棚登録日
2018年1月31日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『武士道シックスティーン (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『武士道シックスティーン (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする