陰謀の日本中世史 (角川新書)

3.57
  • (34)
  • (66)
  • (57)
  • (15)
  • (8)
本棚登録 : 901
レビュー : 70
著者 :
葵さん  未設定  読み終わった 

日本史好きな私にとって
第一章~第七章の内容も非常に興味深い内容でしたが,
終章の『陰謀論はなぜ人気があるのか?』
が一番勉強になりました。

陰謀論の特徴を
①因果関係の単純明快すぎる説明
②論理の飛躍
③結果から逆行して結論を引き出す
という3つに分類した上で、
何故陰謀説が人々に受け入れられるのか
という問題に対して納得のいく回答が得られ,
満足しました。

「フェイクニュース」「ポスト・トゥルース」
といった言葉に代表されるように,
誤った情報が蔓延る現代において,
ここで記載された情報を
自らのリテラシーとして吸収したいと思いました。

レビュー投稿日
2020年4月26日
読了日
2020年4月26日
本棚登録日
2020年4月26日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『陰謀の日本中世史 (角川新書)』のレビューをもっとみる

『陰謀の日本中世史 (角川新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする