北瞑の大地 八丁堀・地蔵橋留書 (二見時代小説文庫)

著者 :
  • 二見書房 (2012年7月26日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 4
4

書出は東日本大震災。
震災で古文書が海水に浸され、汚れてしまった。
奈良にある「埋蔵文化センター」の世界最大級の真空凍結乾燥設備を使って、丁寧に汚れを取る作業が繰り返された。
その中に発見した古文書から、この話が生まれた。。。。

ワクワクする件である。文書の名前は「地蔵橋留書」

そんなふうに始まったのは、江戸時代よくある妾腹の息子。この主人公である鈴蘭こと、北町同心、鈴鹿彦馬の息子、鈴鹿蘭三郎。そして鈴蘭を見守るのは、江戸当時今でいうアダルトグッズの始祖である『日本一元祖四目屋』の店主で通称『帆柱の喜平』

この本は喜平も50歳を超えて店を息子に譲り隠居しながら、同心から手札をもらう岡っ引きを続けている設定。

浅黄斑さん独特の江戸時代のあらゆる記録を盛り込みながらのストーリーで、たっぷりとした読後感が味わえる。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年10月30日
読了日 : 2020年10月30日
本棚登録日 : 2020年10月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする