図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)

4.15
  • (3182)
  • (2473)
  • (1297)
  • (260)
  • (95)
本棚登録 : 22475
レビュー : 2067
著者 :
制作 : 徒花 スクモ 
agyaさん  未設定  読み終わった 

映画化で話題に登っているので、読んでみようかなーーーくらいにしか思ってなかった。

読まれてる本っていうのはやっぱり面白いんだね。
ページをめくる手がとまらなかった。

でも、読み物としておもしろい!ということの裏側で、
思想統制とか、言論の自由とか、政治への無関心とか、人としてのあり方とか、自衛とはなんなのかとか、そんなことをけっこうがつんと考えさせられてしまった。

そういうことを狙ったのかどうかは分からないし知らなくていいんだけど、そこがすごい、と思った。

これ読んで、同世代が選挙とか行くようになったらいいなーと思ったり。
ぶっとびすぎか。

レビュー投稿日
2013年7月23日
読了日
-
本棚登録日
2013年7月15日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) ...』のレビューをもっとみる

『図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする