あさきゆめみし 完全版1

著者 :
  • 講談社 (2017年2月23日発売)
4.22
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 4
5

大学生の時以来。
大和和紀さんの描く少女マンガ的ビジュアルが、これ以上なく「源氏物語」にマッチしている。
引歌を出してくる場面もとてもさりげなく、それでいて原文の心情描写も見事に漫画で再現していると思う。
さらに完全版では、カラー原稿をカラーで拝める。

第1巻は、まだまだ少年の面影を残す光源氏の、藤壺の女御への恋慕が丁寧に描かれています。
光源氏が次々と女性に手を出すのも、求めても手に入らない藤壺への想いを抱えているからこそなので、現代人にも光源氏の心情を自然に理解させるオリジナルが入っているのが第1巻です。
原作では六条御息所と馴れ初めも抜け落ちているため、 序盤の主要人物との関係性がとてもわかりやすく描かれているなぁと思います。

夕顔のたおやかさ、藤壺の女御の華やかさ、六条御息所の気品に、葵の上のプライドの高さ、若紫の愛らしさ、末摘花の不器用さ。
第1巻にして、たくさんの女性が登場しますが、それぞれに魅力的。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年2月16日
読了日 : 2020年2月16日
本棚登録日 : 2020年2月16日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする