僕は、そして僕たちはどう生きるか

4.06
  • (187)
  • (181)
  • (98)
  • (18)
  • (8)
本棚登録 : 1473
レビュー : 275
著者 :
e_c_o_nさん 静謐な本   読み終わった 

14歳の少年による、ある休日の記録。

自然や植物の豊かな描写の中で、
「僕は、僕たちはどう生きるか」について考えられている。


梨木さんの書く少女も女性も青年もすてきですが、
中性的で落ち着いた表現だから、少年の主人公をいつか読んでみたいとおもっていたんです・・・

そして、自分の存在意義とか哲学的なこと考えるならやっぱり、少年でなければと、おもうし、
理想や正しさをいやらしさなく語れるのは、少年の特権な気がする。

そんな象徴的少年に、コペルとユージンはぴったりでした。

たくさんの問題提起があって、
梨木さんから『あなたはどう考えますか』と言われている気分。

流されて、その他大勢で生きることは楽だしとても安全で、
でもそれに甘んじていると、なにも考えなくなる。

考えなくなることは、一番、怖い。


わたしがいま、この作品から受け取ったメッセージは、
「考え続けなさい」ということ。

読む時々によって、いろんな読み方ができそう。

レビュー投稿日
2013年9月15日
読了日
2013年9月15日
本棚登録日
2013年9月14日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』のレビューをもっとみる

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』にe_c_o_nさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする