さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)

3.49
  • (42)
  • (44)
  • (141)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 532
レビュー : 44
著者 :
あぃぼんさん  未設定  読み終わった 

「気分はだぼだぼソース」より読みやすくておもしろかった。(それは、プロレスネタが皆無だったから?)何より、著者の実体験に基づいて話が進んでいくので、次の展開にドキドキワクワクする。主人公?の「オババ」なんて、近所の商店街にいても驚かないだろう。でも、その人物にスポットライトをあてて、ここまで深く言動の意味を推測したり過去に思いを馳せたり心情を理解しようとするのは著者ならではの視点だ。著者が自分の恥ずかしいエピソードを赤裸々に告白しているところにも共感が持てる。「制服人間」への痛烈批判には戸惑ったが、これも著者なりの愛情表現だと思う。読み終わると爽快感がこみあげてくる、そんな痛快エッセイ。

レビュー投稿日
2008年7月22日
読了日
2008年7月22日
本棚登録日
2008年7月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする