にんじん (角川文庫クラシックス)

3.39
  • (13)
  • (14)
  • (41)
  • (3)
  • (4)
本棚登録 : 211
レビュー : 30
aikowさん 小説   読み終わった 

これは大人が読む本だと今さら気づいた。子供の頃読んだ気がするがたぶん子供向け版だったと思う。赤裸々な自伝である。子供時代の思い出は無邪気なだけではないはずである。両親のいやな面を見たり、残酷なことを楽しんだり(動物だけでなく人に対しても)、異性に性的な感情を抱いたり。みんなが平気で忘れて向き合わない恥ずかしい子供時代。これこそがこの作品の素晴らしさだ。読んだきっかけは大竹しのぶのミュージカル「にんじん」を見たからだが、原作には悪役の母親も正義の味方の女中も純粋な主人公も出てこない。とても人間らしく、時に懐かしく時に失望させられるそんな家族、仲間、知り合いたち、にんじん本人だ。

レビュー投稿日
2017年8月21日
読了日
2017年8月22日
本棚登録日
2017年8月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『にんじん (角川文庫クラシックス)』のレビューをもっとみる

『にんじん (角川文庫クラシックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする