田中貢太郎日本怪談事典―伝奇ノ匣〈6〉 (学研M文庫)

3.33
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
著者 :
制作 : 東雅夫 
雨兎さん ホラー   未設定

岡本綺堂の次に読んだ。綺堂のほうは長編が何篇か、だったけどこちらは短編数知れず。あ行、か行と無数の短編を酷く大雑把に分類し、そのあとに中篇数編という組み合わせ。なんでもその前半は日本怪談事典なのだとか。   江戸時代の農村の話の次に昭和初期の話へ飛んで、また江戸妖怪話に戻ったり。江戸だと思って読んでいるといきなり踏み切りやビール瓶、会社員という単語が出てきて妙な気分になれる。いろんな時代に生きた人と生きた人なんでしょうな・・・面白い。

レビュー投稿日
2007年11月17日
本棚登録日
2007年11月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『田中貢太郎日本怪談事典―伝奇ノ匣〈6〉 ...』のレビューをもっとみる

『田中貢太郎日本怪談事典―伝奇ノ匣〈6〉 (学研M文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする