伸子

2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
著者 :
あいす桃さん  ♪女流作家   読み終わった 

この小説の主人公 伸子は、作者 宮本百合子自身なのです。

父と供にアメリカへ遊学していた頃に、日本人男性 佃と恋に落ちるのだが、様々な人達からの猛反対にあう。

今では歳の差婚はざらにいるけど、約一世紀前だと異質なカップルになってしまっていたようだ。

それでも、異国で愛を育み一緒になり、日本で結婚生活をはじめるが前途多難。

この宮本百合子の自叙伝は、既婚未婚関係なく女性にお奨めしたい。

伸子目線で何を思うか?

佃目線で男性が読むのもいいけど、伸子の母親のキョーレツな反感に耐えられないかもしれません(涙)

レビュー投稿日
2014年11月16日
読了日
2014年11月16日
本棚登録日
2014年11月16日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『伸子』のレビューをもっとみる

『伸子』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『伸子』にあいす桃さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする