僕だけがいない街(2) (角川コミックス・エース)

4.16
  • (41)
  • (50)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 381
レビュー : 17
著者 :
あいす桃さん  ☆は行 作品   読み終わった 

18年前の“小学生連続殺人事件”の真犯人を、感づいてしまった母親が殺されてしまい、その真相を探るために、悟が小学生だった頃へと“再上映(リバイバル)”する。

当時、その事件の犯人にされてしまった青年や、事件の3人の被害者たち(少女2人・少年1人)、そして悟の母親を救おうと、出来事の流れを次々に変えていく。

しかし…変えたはずの出来事が結局、軌道修正されているようで??

被害者のひとり雛月ちゃんと悟が、だんだん打ち解けていき恋心が芽生えていくところや、悟を含めた仲良し5人組がイイ奴ばかりで、事件のことなど忘れてしまいそうだ。

レビュー投稿日
2015年1月13日
読了日
2015年1月9日
本棚登録日
2015年1月13日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『僕だけがいない街(2) (角川コミックス...』のレビューをもっとみる

『僕だけがいない街(2) (角川コミックス・エース)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『僕だけがいない街(2) (角川コミックス・エース)』にあいす桃さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする