赤木かん子【公式】のおすすめ本リスト

■□ 今日の1冊 □■

アーサー・ビナードさん文、の紙芝居です。
学校は買い!
でしょう。

2019/08/20 更新

主人公は小さなこどもたちですが、このマンガの読者はすべての人たちでしょう。
とりあえず、電気の作られ、送られる仕組みを理解しないことには始まりませんから……。

2019/08/19 更新

九州の山口さん、お勧め!

2019/08/09 更新

(毎月一回の予定です)
ガーナのおすすめ本商会(3)
「雨ふる本屋シリーズ」

著者・日向理恵子

童心社

 今回ご紹介する本は「雨ふる本屋」です。

シリーズでいままでに4冊出ています。

この本は学校の図書館で見つけました。何かいい本がないかなぁと思って探していたら本棚の奥の方にありました。本が好きな人ならわかると思いますが「おすすめ本」よりも奥の方からお宝を見つけたような感じで見つけるととても嬉しくなります。

私が特別にこの本を手にできた!

というような不思議さと優越感みたいな気持ちです。この本にビビッときたのはタイトルの中に「本屋」と入っていたからでした。「本」をテーマにしたお話に普段から興味があり、読みたくなり、実際に読んでみたらアタリでした。

主人公は最初、本を嫌っています。それは妹ばかりがチヤホヤされていることへの嫉妬があり、その妹が本好きだからです。

本そのものが嫌いというより、本に対するイメージが悪かっただけなのです。最終的には本を好きにもなるし、妹との関係も変わっていきます。そんな家族の変化の話もベースにあるので、シリーズ全部読んで欲しいです。

人間の世界では、売れ残ったり、面白くないと言われてしまった本達が、別の世界では良い本としてみんなに読まれるところがいいなと思いました。人間界が全てではないと思える部分や、別の世界が「狭間」にあって、みんなに忘れられた場所のようで、切なく寂しい雰囲気でもあります。そんな雰囲気に魅力を感じました。

少し私のことを書きます。

学校や家で嫌なことがあった時の気分転換に私は本を読みます。モヤモヤした気持ちが吹っ飛ぶからです。例えば、YouTubeを見たりゲームをしたりもしますが、それではモヤモヤ感は無くならないのです。

その時は気を紛らわすことはできても、後からモヤモヤが復活してしまいます。それに比べて本は、読み終わってからその本について想像したり考えたりすることが増えて、モヤモヤどころじゃなくなる気がします。

「私、小さいことで悩んでたわー」

みたいな気分です。今回紹介した本の「雨ふる本屋」が存在する「狭間にある別世界」を想像すればわかってもらえると思います。果てしなく、広く、限りのない不思議な世界を想像して、今年の夏休みも楽しみたいと思います! 

以上です。

夏休みハイのガーナでした。

2019/08/08

なかのページを自分で破って鳥を作る(わからないと思うけど説明仕様がない)図鑑なので、学校には向かないかもしれませんが、きれいでいい本でした。
個人的に欲しい!

2019/08/08 更新

わかりやすい、読みやすいデザインです。
買い!

2019/08/07 更新

LGBTQの本棚から
第100回 台湾、同性婚法案を17日採決 成立すればアジア初

台湾、画期的!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

台湾、同性婚法案を17日採決 成立すればアジア初
共同通信社 2019/5/17 11:18 (JST)
https://this.kiji.is/501909971933463649

2019年08月05日

とても美しい鉱物図鑑です。
買い!

2019/08/05 更新

でました!
「とりぱん25」!
25巻かぁ。
凄いね
(^○^)

2019/08/02 更新

まだ読んでないけどなかなか面白そう。
この幼稚園の先生の指摘はちょっとめげたな。
まだこういう幼稚園、あるのか……。
大学改革も大事だけど、幼稚園改革からしないと大変だね

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

厚切りジェイソンが物申す。日本の若者が人生を楽しむためのスキル。
2015.11.26 THU  Meet Recruit
https://www.recruit.co.jp/meet_recruit/2015/11/og09-1.html

2019/08/01 更新

「ぼくと大家さんこれから」
が出ました。
大家さん、相変わらず頭脳明晰、辛辣で的確でカッコいい。矢部さん、蹴散らしてますね
(^○^)
このかたが、いまに生まれていたらなぁ、どれだけ活躍できたことか、と思います。

マシンガンズの「ゴミ清掃人の日常」もそうだったけど、お笑い芸人さんて回転早くて地頭良くて、オチのつけかたがうまいのね。
最後の最後まで本当に上手でした。
図書館は買い!
でしょう。

2019/07/31 更新

*** こちらは以前もご紹介しました。以下は、2019/06/26のご紹介内容です ***

まだ発売されてないけど(^o^)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

カラテカ矢部太郎『大家さんと僕』続編発売 1冊目の反響から大家さんとの別れを描く http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/oricon/entertainment/oricon-2138218?utm_source=dmg&utm_medium=1


矢部太郎、『大家さんと僕』ブレイクとこれから「新たな気持ちですべてできたら…」
https://www.oricon.co.jp/news/2138533/amp/

2019/06/26 更新

「大きく振りかぶって31」出ました!!

2019/07/30 更新

LGBTQの本棚から
第99回 「レインボープライド2019」性の多様性訴え1万1000人が行進 

「レインボープライド2019」性の多様性訴え1万1000人が行進 東京・渋谷
毎日新聞2019年4月28日 21時28分(最終更新 4月28日 21時45分)
https://mainichi.jp/articles/20190428/k00/00m/040/188000c

2019年07月29 日

「ヒストリエ」しんかんでたよ!!

2019/07/29 更新

お笑いのマシンガンズの滝沢氏が、お笑いでは喰えなくて始めたゴミ清掃員……。
ゴミ収集車に乗ってゴミ集めたり、仕分けしたり、という仕事です。
「大家さんとぼく」の矢部太郎氏もそうですが、お笑いやってる人ってみんな頭の回転が早いんだなぁ~、と思います。
清掃員してて日々感じてることを描いてくれるんですが(あ、マンガはなんと、奥さまです。マンガ描いたの初めてだそうですが、これまた感じがいいんだよね)ゴミはこんな風に出して欲しい、のミニ知識あり、こうやって地道に働いてくれる人たちが世界を守っているんだなぁ、ということがよくわかるようになってます。
とりあえず、これ読んだあとは、ゴミ、ちゃんとだそ、この人たちがなるべく困らないように、という気になるよ。
学校にも入れられます。

2019/07/26 更新

ふしぎの国のバード
六巻出ました!

2019/07/25 更新

人間と同じように、犬や猫の看取りも避けては通れないところです。
こういうことを描いてくれる人がいるのはありがたいですね。

2019/07/24 更新

すげーっ!?
これっ!!
ノートパソコンに見えますが、これは本です。
よくこんなデザインできたねぇ!
これはもうどこでも買い!
でしょう。

2019/07/23 更新

LGBTQの本棚から
第98回 ドーンセンター情報ライブラリーのブックリスト

大阪の女性センター、ドーンセンター情報ライブラリーのブックリスト
「多様なセクシュアリティを理解する」
です。

多様なセクシュアリティを理解する
作成:2017年11月
http://www.dawncenter.jp/thema/tenji04.pdf

2019年0 7月22日

6月のその他の文庫・その8

2019/07/22 更新

6月のその他の文庫・その6

2019/07/22 更新

6月のその他の文庫・その6

2019/07/22 更新

6月のその他の文庫・その5

2019/07/22 更新

6月のその他の文庫・その4

2019/07/22 更新

ツイートする