インド倶楽部の謎 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社 (2018年9月7日発売)
3.58
  • (22)
  • (86)
  • (97)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 624
感想 : 83

有栖川有栖の
「インド倶楽部の謎」を買った。
有栖川有栖は、私のお気に入りの作家の一人である。
何よりも文章が端正なのがいい。
謎はどうでもいい……わけではないが、それがしっかりしていてくれないとミステリーとして面白くないから……私は音楽を聴くように文章を読むのが好きなので、完成度の高い、うまい人が好きなのである。
なので、北村薫や西村雅彦と同様、新刊があれば(といってもこれは2年前に単行本で出ているので、ストーリーはわかっているが)有栖川有栖は必ず、買う作家さんなのである。
「真夏の方程式」に頭にきて、探偵ガリレオ、を買わなくなってしまったから、いまや火村英生と有栖川有栖の探偵コンビは、ダイヤモンド並みに貴重な存在だ。
別に私は短編でもちっとも構わないので、どうぞ有栖川さん、できるだけたくさん書いてください。

2020/09/28 更新

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 【連載】今日の一冊
感想投稿日 : 2020年9月27日
本棚登録日 : 2020年9月28日

みんなの感想をみる

ツイートする