アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)

  • 早川書房 (2015年3月13日発売)
4.19
  • (1349)
  • (1028)
  • (533)
  • (84)
  • (24)
本棚登録 : 19352
感想 : 1083

舞台化になったとかで、早川文庫の「アルジャーノンに花束を」がいま書店にでている。
薬を飲んで、知的障害の人が天才にまでなる、というストーリーなので、一応SFなのですが、SFなのはそこまでなので、SF読めない人でも読めるSFです。

というより、色々色々色々考えさせられる、まだ読んでない人は誰でも一度は読んだほうがいいぞ、という珍しい一冊なので、読んだことない人は是非どうぞ。

人が幸福に生きられるかは、結局
本人の気の持ち方

まわりの理解
なのだな、という超普遍的なテーマですので。
本人の
気の持ち方
だけではどーにもならん、ことは多々あるので、そうなると当事者だけではなく、それはすべての人の問題になり、周りの人がそう思うには、本当に“教育”が物を言う……。
だから、ほぼ全員参加の日本の初等教育(小学校ね)は、すんごく大事なのにな、と最近ひしひしと思います。

2023/09/11 更新

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 【連載】今日の一冊
感想投稿日 : 2023年9月2日
本棚登録日 : 2023年9月11日

みんなの感想をみる

ツイートする