駒子さんは出世なんてしたくなかった

著者 :
  • キノブックス (2018年2月28日発売)
3.62
  • (17)
  • (47)
  • (59)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 392
感想 : 60
4

管理課課長だった駒子と同期岡村はともに女性初で新規事業部の次長に昇進し、半年後の部長の座を巡り競わされる。会社に仕組まれた方針なのにまわりから陰口を叩かれ、やり手の岡村に押されながら、試行錯誤して売り上げ向上に向けて難題に取り組む。家族内の揉めごとも起き。
なんでそうなる?なんでそう思われる?なんでそう言われる?正しいことを言って、行っているのに。
似た思いを抱くことがあり、ただただ駒子の葛藤が刺さる。。でも、なんとなく理由もわかった気がする。
書店ガールしかり、こういう感じの小説は分かりやすく入り込めて、読後もスッキリできて良い♪
8冊目読了。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2022年1月10日
読了日 : 2022年1月10日
本棚登録日 : 2021年12月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする