スキップ (新潮文庫)

3.67
  • (517)
  • (563)
  • (1017)
  • (79)
  • (24)
本棚登録 : 4296
レビュー : 554
著者 :
akatenkobanさん セイシュン   読み終わった 

昭和30年代の女子高生がうたた寝から起きたら、意識はそのままなのに25年という時間を”スキップ”してしまい、突如42歳の中年女性になってしまったという、設定だけなら名作『リプレイ』の逆のことが起こるお話。あとがきで作者も『リプレイ』について触れていますが、当然ながら内容はまったく別ものです。17歳の心のまま、見知らぬ夫と娘に助けられながら、高校の国語教師という現在の役割りを誠実にこなそうとするなかで、時間とは、自分とは、若さとは何か、というようなことを見つめます。1秒ずつ過ぎてゆけば自然な変化もうたた寝の一瞬で過ぎるとギャップが大きくその差は歴然。同じなのに変わってゆくこと、変わっても同じであることなどなどを、考えたりしました。これぞ北村薫作品という凛としてきちんとした雰囲気のお話で大変おもしろかったです。

レビュー投稿日
2011年3月27日
読了日
2011年3月27日
本棚登録日
2011年3月27日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スキップ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『スキップ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする