冥界からの電話

2.96
  • (1)
  • (7)
  • (9)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 107
レビュー : 15
著者 :
akatenkobanさん エッセイなど   読み終わった 

知人が貸してくださいました。『私の遺言』と一緒に貸してくださり、遺言を先に読んでから電話を読むのよ、そうじゃないととんでもないと思うようなことが書いてあるから、先に遺言の方を読んでから、こっちよ!っと力強く指南されました。順番通りに読んで良かったです。不思議な臨場感溢れる文章で、遺言を読んだベースがあったのが役に立ち、荒唐無稽に思えるようなこともそういうこともあるのかも?!っと思いながら最後まで読み進めることが出来ました。読み始めたら時間はかからずにパッと読了。不思議で独特な本でした。実際に出版されるに至るまでの経緯とか事情に興味が沸きつつも、知るよしもなく、当時はいま現在よりもいろいろな隙間がまだあったのかなぁなどとボンヤリ思いました。スッキリしたいけれどそうはならず、実際の体験を脚色せずに記録したのですね、という風に思いました。

レビュー投稿日
2020年1月29日
読了日
2020年1月29日
本棚登録日
2020年1月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『冥界からの電話』のレビューをもっとみる

『冥界からの電話』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする