そういうものだろ、仕事っていうのは

著者 :
  • 日経BPマーケティング(日本経済新聞出版 (2011年2月1日発売)
3.39
  • (8)
  • (79)
  • (99)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 554
感想 : 103
3

作家6人による仕事をテーマにしたアンソロジー。

「ホームにて、蕎麦。」重松清
「あの日。この日。そして。」野中柊
「ハート・オブ・ゴールド」石田衣良
「バルセロナの窓」大崎善生
「きみがつらいのは、まだあきらめていないから」盛田隆二
「職場の作法」津村記久子

この中で印象が良かったのが 「職場の作法」かな。
日常の仕事場でのちょっとしたできごとが「あるある」的な存在感でした。

あとはやはり重松清氏には胸をさされた。
あいかわらずのヒューマンストーリーは良かった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: アンソロジー
感想投稿日 : 2011年8月22日
読了日 : 2011年8月21日
本棚登録日 : 2011年8月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする